勘違いで「削除」してしまったデータの復旧事例

勘違いで「削除」してしまったデータの復旧事例、

勘違いで「削除」してしまったデータの復旧事例、

 

 

パソコンを操作していて各種のデータを、エクセルやワード文書を保存しようとした際、

 

 

 

何処へ保存したか、どのように記録をのこした判らなくなり、

 

 

 

 

頭が真っ白なりながら長時間を掛けて探す場合があります。

 

 

 

パソコンのデータの復旧に関しては、色々あるようですが幾つかの事例を紹介します。

 

 

 

パソコンの使い方によって、又、パソコンを利用して、

 

 

 

大事な記録や記事、データの類、デジカメで撮った映像や動画の画像、

 

 

 

それに好きな音楽といった大事なファイルやフォルダが行方不明になり、消えてなくなる場合があります。

 

 

 

極く単純な事例は、保存した筈のパソコン内の場所が、

 

 

 

 

何かの拍子で判らなくなったり行方不明になったとか、

 

 

 

それに、うっかり削除してしまったとか、又は、ごみ箱に一端入れたものを空にしてしまったりとか。 

 

 

 

また、クリックを慌てて間違えて項目を選ぶ場合、例えば“名前の変更”等を選択する所を、

 

 

 

 

うっかりミスで、削除(ゴミ箱を通さない)を選んでしまい消してしまったとか。

 

 

 

 

 

このようにパソコンの機器内(大抵はハードデスク内)では、

 

 

 

 

通常、使用しているフォルダやファイルの画面では確認できない場合は、普通は削除されたものと考えます。 

 

 

 

確かに、形としては削除されていますが、しかし、ファイルやフォルダ内のデータが通常画面で見えないだけで、実際にはパソコン内には残っているのです。

 

 

 

 

 

 

 

このような時は、大抵は保存場所が不明になっている場合が普通で、探し出すことが出来ます。

 

 

 

先ず、ファイルやフォルダの「検索」を使用します。

 

 

 

通常使用している、パソコンの場合は、

 

 

 

 

“スタート”メニューから“検索”を選び、“何を検索しますか・・?”から “ファイルとフォルダすべて”を選選びます。 

 

 

 

ここで色々試しながら、ファイルを変更した日付やサイズを選択してみましょう。

 

 

小顔になる方法

データ復旧は専門家の方にお任せするのがいいと思います

 

 

 

重要なファイルを間違って消してしまい、

 

 

途方に暮れてしまった経験を持つ方は意外と多いのではないでしょうか。

 

 

 

データ復旧ソフトというものがありネット上にはフリーの物まで存在しますが、

 

 

そこまでパソコンに詳しくないので自分で解決するのはちょっと難しいとか、

 

 

ソフトを使用したのだけどデータ復旧できなかったといった方にはやっぱりプロの手を借りるのがオススメです。

 

 

 

データ復旧を専門とする会社は数多くありますが、

 

 

私はデータレスキューセンターという会社をお薦めしたいです。

 

 

 

業界トップクラスのシェアを持っていて、

 

 

 

お客様の満足度が高いなど実績のしっかりとした会社なんです。

 

 

 

初期調査に関しては無料で受けることができて、

 

 

この調査によってどのような深刻度なのかを調べることができます。

 

 

 

この会社では成功報酬方式をとっていますので、

 

 

データ復旧できなかった場合は費用を払う必要がありません。

 

 

 

初期調査によってハードディスクの故障等の重度の物理的な障害と判断されても、

 

 

他社と比べて低価格で対応してもらえるのもありがたいです。

 

 

 

また初期調査の結果を最短6時間以内、

 

 

最長でも48時間以内に報告してもらえるというのもいいですね。

 

 

 

データ復旧はその道の専門家の方にお任せすれば安心だと思います。